幸せになりたい女課長28歳。
…でしたが、31歳でようやく結婚し、寿退社、32歳で妊娠。
幸せになれたプレママが書くブログになりました。

| COMMENT | TRACKBACK | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | Powered by JUGEM |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RANKING
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
google pagerank
LOVE SHOP


 
 
スポンサーサイト 2010.02.01 Monday.

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
 
プラダを着た悪魔 2006.12.17 Sunday.22:17
プラダを着た悪魔1 プラダを着た悪魔2
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ 、アン・ハサウェイ 、エミリー・ブラント 、スタンリー・トゥッチ 、エイドリアン・グレニアー 、トレイシー・トムズ

ジャーナリストを夢見るアンドレアは、一流ファッション誌の編集長アシスタントの職を得る。次なるステップのため、と、悪魔のように命令の数々にも耐えるが、「センス、ゼロ!」と酷評されるなど毎日いいことなし。しかし、どこか心の中でファッション誌をバカにしていると痛いところをつかれ、ファッション・ディレクターの指導の下、ハイファッションに身をつつみ、変身をとげる。どんどん磨かれていくアンドレア。でも、これが本当に自分のやりたかったことへの道なのだろうか?このままでいいのか?悩みぬいた末、彼女が出した結論は…。

<デスクトップは『プラダを着た悪魔』で♪>
http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/download.html

【感想】
かなーり仕事で疲れてた時に観にいったんですが、行って良かったです!
文句なしに元気になれる作品でした。
ファッションやブランドに興味がなくても、仕事を頑張っている女性なら、きっと観て損はしないと思います。これからの励みになります。
その反面、私は色々と反省しましたが・・・。

でも、女性が働くスタイルって、色々あると思う。
ミランダの選んだ生き方も、それも一つアリだと思う。
私だったらどうしてたか。そのときになってみないと分からないけど、選択できるだけの選択肢があるだけ羨ましいかも。今はないからww

ちなみに、アン・ハサウェイの愛嬌と演技は、メリル・ストリープにも引けをとらず、負けてませんでした。
個人的にはとても好きな女優さんです♪


にほんブログ村 映画ブログへ  ブログランキング
 
クラッシュ 2006.07.17 Monday.18:14
クラッシュ
出演者:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー
監督・脚本:ポール・ハギス

ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。
ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。
階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。その先に、あたたかい涙はあるのだろうか。


【感想】
久々に、もう一度観てもいいなと思える映画だった。
日常なかなか関わることのない他人と、事故(クラッシュ)を通じて絡みあい、憎しみあい、愛し合い、解り合い、助け合い・・・。
人と人との繋がり、人間模様がシリアスに描かれていて、善悪で表すことのできない感情、複雑ではあるけど、観終わった後誰かにすすめたくなるようなそんな作品だった。
途中、すごく苦しくなる場面(マット・ディロンが女性に屈辱的な取調べをする場面)があったり、心が温かくなる「透明マント」の話があったり。人間が感じる事のできる全ての感情を、この作品の中で感じたような気がする。
今年一番のオススメです。


にほんブログ村 映画ブログへ  ブログランキング
 
世界で一番パパが好き! 2006.07.03 Monday.00:56
世界で一番パパが好き!
出演者: ベン・アフレック リヴ・タイラー ラクエル・カストロ ジョージ・カーリン ジェイソン・ビッグス
監督: ケヴィン・スミス


マンハッタンで音楽業界のやり手パブリシストとして働くオリーは、最愛の恋人と結婚し、幸福に満ちあふれていた。
ところが、妻は出産と同時にこの世を去ってしまう。悲しみに押しつぶされ、仕事で大失態を演じたオリーは、故郷ニュージャージーへ戻り、父の家で暮らすことに。
7年後、娘ガーティは健やかに成長していた。ある日、心のどこかで仕事復帰を望んでいたオリーにチャンスが訪れるが、それは家族の関係を大きく揺るがせていく。


【感想】
うん、良かったです。ベン・アフレック久々に観たけど、パパ役でもセクシーですね!
ストーリー的にはたいしたことないです。想像通りです。展開もありきたりです。
なごやかな雰囲気の中観ると、リブ・タイラーが出てくる辺りで少し焦りますw
セックスだなんだって、リアルな言葉が出てきますからね。
ラクエル・カストロちゃんが可愛いからOKですけどね!


にほんブログ村 映画ブログへ  ブログランキング
| 1/1 |